ピアノが不要になった場合に、どのようなところに注意すれば高額買取をしてもらえるのでしょうか?

ピアノの買取ができないようなことはあるのでしょうか?

ピアノが不要になった場合は買取をお願いすることになりますが、不安なことも多いでしょう。凹んでいたり、傷があったりしたら、尚更。古くなった年代物のピアノはどうなのでしょうか?電子ピアノと普通のピアノでは扱いも違います。今回は【買取できないピアノがあるのかどうか】についてまとめておきましょう。
 
古くなってしまったピアノは買取してもらえるのか?
中古のピアノですから、それなりの年数が経過しているのは当然ですし、製造時期によって買取金額に差が出てきます。その限界ですが、製造された時期から30年程度までならば、査定金額が付く場合が多いです。
30年よりも古くなると、買取が断られる場合も多いです。これも一般的な話ですし、そのピアノのコンディションによっても違います。まずは、あきらめないで査定を依頼してみるといいでしょう。買取はできない場合でも引き取りだけは受けて売れるピアノ買取業者もあります。そのピアノの状態によって引き取りの運送料金が違いますので見積もりを依頼しましょう。
 
故障・傷があるピアノは買取してもらえるのか?
普通の生活をしていて出来てしまう擦り傷は、一般的に査定金額に影響することはありません。音がずれているとか鍵盤の一部分が上がらないなどの軽いトラブルの場合は査定金額への影響も小さいです。特に心配することなく査定を依頼してもいいでしょう。
けれども塗装が大きく剥がれているとか大きな凹みや傷がある場合は査定金額に大きく影響があります。最悪の場合は買取金額が付かないこともあるでしょう。水害・火災・虫害でピアノの内部までダメージがある場合も査定に影響があります。そんなトラブルがあるならば、事前に申告しておくようにしてください。
 
電子ピアノは買取してもらえるのか?
買取をしてくれる会社は少ないですが、売却することは不可能ではありません。しかし、グランドピアノやアップライトピアノのアコースティック系とは取扱が違います。電子楽器ですから、まずは取扱説明書の有無が注目されます。
また、性能がどんどん向上します。古いモデルは買取できない場合が多いです。目安としては、製造から5年程度でしょう。人気の機種の場合は意外と高値が付くこともあります。