ピアノが不要になった場合に、どのようなところに注意すれば高額買取をしてもらえるのでしょうか?

ピアノが不要になった場合に、どのようなところに注意すれば高額買取をしてもらえるのでしょうか?

ピアノを売りたい……そんな決意をしても、長年使ってきた楽器の場合は、凄く愛着があるでしょう。一大決心をするわけですから、可能な限り高額買取をお願いしたいと思っている人は少なくないと思います。まずは査定していただくことになるわけですが、ピアノの価値を高く評価してもらえる前に、どういったところに注意をしたらいいのかが、今回のテーマです。
 
基本中の基本は、綺麗に掃除をすること
可能な限り新品に近いコンディションにしておくこと……これが大事です。長期間、演奏してきているわけですから、経年劣化の部分はどうしようもありません。ですが、自分でできる手入れもあるのです。
 掃除機などを使って埃は取りのぞくことができます。汚れが目立つ場合はピアノ専用のクリーナーがあります。綺麗にしておくと査定士の印象も違ってきます。
 付属品があれば、ちゃんと揃えておきましょう。ときには査定金額に関連することもあります。例えば、購入していたときについていた椅子とか、鍵盤カバーです。補助ペダルなどもあれば、揃えておくようにしてください。
 
致命的なダメージがあると査定に影響すること
普通の生活をしていて付くような傷は、一般的に査定に影響することはないでしょう。しかし、外板が割れているとか、虫が食っていたり、水没・火災でダメージを受けていたりする場合は、大きく査定金額は下がります。それを気にして修理に出す人もいますが、逆に修理代金が高くついてしまうこともあります。
 損傷が目立つピアノは、査定金額にどのような影響があるのかとか、修理することで査定金額が変わるのかをピアノ買取業者に聞いてみるといいでしょう。
 
ピアノ専門買取業者をしっかりと比較しておくこと
複数のピアノ買取業者に査定をすることは基本中の基本です。独自の買取ノウハウがあったり、販売ルートを持っていたりします。得意とするピアノのジャンルや価格帯もあるのです。ニーズによって買取金額が変わります。
 
査定をしてもらう前に調律をしておいたほうがいいの?
これはピアノ買取業者によって考え方が違います。一般的には査定額に影響がないことが多いです。定期的にメンテナンスをしているならば気にすることはありません。
 調律をするとなると1万円から2万円はします。無駄な出費になってしまうと勿体ないですね。ピアノを移動した場合は一度調律することが普通です。しかし、調律を澄ませておくと印象が良い場合もあります。長期間、調律をしていないならば、ピアノ買取業者に聞いてみるといいでしょう。



  グランドピアノ 中古

ミキシング

スタインウェイ 中古